「咳エチケット」について

亀有リリオみみ・はな・のどクリニックではインフルエンザをはじめとして、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症予防のため、「咳エチケット」を推奨しています。

「咳エチケット」は、感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。

①咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクを持っていない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。

②鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、 手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗いましょう。

③咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

※咳エチケット用のマスクは、薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布(ふしょくふ)製マスクの使用が推奨されます。

※マスクの装着は説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。

※咳エチケットを心掛けることは、周囲にウイルスをまき散らさない効果があるだけでなく、周りの人を不快にさせないためのマナーにもなります。

関連記事

  1. 反回神経麻痺(声帯麻痺、嗄声の原因の1つ)について

  2. 滲出性中耳炎について

  3. 喉のお話

  4. 航空性中耳炎(こうくうせいちゅうじえん)について

  5. 中耳炎と鼓膜切開について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みみ・はな・のど のお話