はな

反回神経麻痺(声帯麻痺、嗄声の原因の1つ)について

みなさんは脳梗塞や食道の腫瘍を患った方の中に、声が枯れてしまった(特に息の洩れるような)という方の話を聞いた事はありませんでしょうか?

それがこの反回神経(はんかいしんけい)が麻痺した事による声帯麻痺によるものなのです。反回神経とは10番目の脳神経(脳神経とは主に脳幹から直接出て様々な重要な働きをする神経。1番〜12番があり、1番が嗅神経、2番が視神経、5番が三叉神経で顔の知覚、7番が顔面神経で顔の動き、8番が聴神経など)である迷走神経(咽の運動や消化器・心臓の調節など)から分かれるもので、左右の迷走神経が脳幹から出て頚動脈の隣を走り胃などに辿り着く前に、それぞれ1本ずつの反回神経を分枝します。

右側は鎖骨下動脈のところで、左は大動脈弓のところをくぐって前方へ出て上方へ再び返って来るので反回神経と呼ばれます。上方へ返ったあとは食道と気管の間を上行し、甲状腺の裏側を通り喉頭に辿り着いて声帯に入り込み声帯を運動させます。このような経路を通るため、心臓肥大(肺動脈など主に右心系)による圧迫や食道腫瘍・甲状腺腫瘍そのものやその部位の手術などにより反回神経の麻痺が起こります。

但し、最も多い原因は特発性(原因の特定できないもの。ウイルスによる?)であるとも言われています。声帯が麻痺すると前述のような息の洩れる嗄声(気息性嗄声(させい)、Breathy)になるばかりでなく、左右の声帯の隙間が開いて唾液や水分などが気管に入り、むせ易くなったりします。大抵の場合は片側のみの麻痺(左側に多いと言われていますが、右側に多かったという報告もあります)なのですが、稀に食道の手術などで両側が麻痺してしまう例もあります。両側の声帯が麻痺してしまうと、開いて麻痺した場合は声が出せない・よくむせる、などの症状が出現しますし、閉じて麻痺した場合は呼吸が出来なくなってしまいます。

どちらの場合も気管切開(呼吸のルート確保や喀痰(かくたん)の除去のため)が必要になる事が多いのです。反回神経が腫瘍などと絡んでいてやむを得ず切断された場合でなければ、3ヶ月位は声帯の運動が戻って来るのを期待して待ちます。脳梗塞などで反回神経の大元の迷走神経以外にも脳神経症状が出る場合があり、主に9番目の舌咽神経(咽の運動や味覚の一部)と12番目の舌下神経(舌の運動)が近いために同時に障害されることがあります。そうすると舌の動きや咽の動きが悪くなり、言葉が不明瞭になる構音障害や、ものを飲み込みづらくなる嚥下障害(えんげしょうがい)が出現してきます。知覚も低下(喉頭の知覚はこれも迷走神経から分枝する上喉頭神経が支配します)していますから舌や口腔内を氷で刺激したり、声帯が麻痺している側に首をひねり、健側(動きの良い方)の食道の入口を拡げてあげると食事が通過しやすくなります。

治療としては、隙間を狭めたい時は声帯を内側に寄せる手術をしたり、コラーゲンや脂肪を萎縮した声帯に注入したりします。拡げたい時は声帯の一部(軟骨)を除去したり声帯に糸をかけて外に開いたりします。脳神経が幾つか障害され嚥下そのものが弱い場合は、喉頭を引き上げて下顎に固定したり、食道の入口を拡げるために筋(輪状咽頭筋)を切断したりという方法が選択される事もあります。いずれにしましても、声が出せない・ものがうまく飲み込めないなどの症状は、心理的な面も絡んで大変つらい症状である事を理解してあげて頂きたいと思います。

「リリオみみはな.com」に戻る