みみ

航空性中耳炎(こうくうせいちゅうじえん)について

出張や旅行などで飛行機に乗る機会が増え、その時たまたま鼻かぜをひいていたがために、飛行機の降下時に耳がキュキューッと詰まったままかなり痛い思いをされたことはありませんか?

これが航空性中耳炎というもので、中耳腔(ちゅうじくう)の気圧調節をしている耳管(じかん)の出口(中耳から鼻の奥につながっています)が鼻炎による粘膜の腫れや粘稠(ねんちょう)な鼻汁のために塞がって、本来の機能が低下してしまうために起こります。

つまり中耳腔内は地上では大気圧と同じ1気圧ですが、飛行機で10,000メートル程の上空に行くと、機内の圧の方が気圧調節はしているもののやはり地上より若干下がります。すると中耳腔内の圧は1気圧で機内より若干高いですから、同じ圧になるように耳管を通して少し空気が漏れ出ます(出る方は入るよりも抵抗が少ないのです)。

一旦水平飛行中は機内と中耳腔の圧は同じ(共に1気圧より少し低め)に保たれていますが、今度は降下しなければなりませんので逆に地上に近づくと中耳腔内の圧のほうが若干低くなります(機内は1気圧にもどります)。

風邪もひいておらず耳管機能が正常の場合は、唾を飲んだりあくびをしたりすることにより空気が耳管を通して中耳腔内に入って来て、1気圧にもどり一件落着ですが、前述のように風邪をひいて鼻づまり・鼻水がひどいと空気が中耳腔に戻れず圧が低いままになって、地上に戻っても内出血していたり滲出液(しんしゅつえき)がたまっていてすぐには元に戻りません。症状が軽ければ地上に戻っただけで、圧の変化がなく一定になりますから耳管の機能回復と共に比較的早く治癒します。

この変化が多いほど治りにくくなりますから、スチュワーデスさんも上昇・降下を繰り返す国内便(短い距離を何便も飛ぶ)のかたの方が国際便のかたよりも発症しやすいことになります。同じ様なことが副鼻腔にも起きることもあり、航空性副鼻腔炎(こうくうせいふくびくうえん)と呼ばれています。特に額にある前頭洞(ぜんとうどう)の発育が良好な(空間が大きく空気の量が多い)人に起きやすく、ひどい頭痛が発生します。

航空性中耳炎を予防するためには、鼻のコンディションを良くして搭乗することで、鼻炎の方は耳鼻咽喉科で内服や点鼻薬をもらって、予め使用しておくのが良いでしょう。また、機内では飴を舐めたり飲み物を飲んで耳管が開くのを促す事も必要です。

「リリオみみはな.com」に戻る