急性の嗅覚・味覚障害についてのお願い

新型コロナウイルス感染者が、発熱や咳など他の症状を伴わず、先行して嗅覚・味覚障害を来しうることが報告されています。
急ににおい、味がわからなくなったという症状のある方は、2週間は自宅待機をお願い致します。

37.5度以上の発熱が4日以上続く場合や、咳、息苦しさ、強い倦怠感などの症状が現れた場合は、帰国者・接触者相談センターにご連絡ください。
リンク 各都道府県における帰国者・接触者相談センター紹介(厚生労働省)

自然と治ることが多いですが、もし2週間以上嗅覚や味覚の異常が継続する場合は、来院される前に電話でお問い合わせください。
感染拡大防止のため、ご理解・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

みみ・はな・のど のお話